逆転美女

あの子みたいな美女になるための美容日記

ハイドロキノンってなんか怖い。だけどBIHAKUENのハイドロキノンソープがそんな危険なイメージを優しく変えてくれました♪

 

お肌の漂白剤と呼ばれるハイドロキノンが配合された『ハイドロキノンソープ』を使ってみました。

 

f:id:opihina:20161019123759j:plain

▶︎BIHAKUEN ハイドロキノンソープ

 

開封すると、印字ひとつない真っ黒な石鹸が出てきました。

 

f:id:opihina:20161019123810j:plain

 

この真っ黒な色の正体は、洗浄成分として石鹸に配合されている竹炭の色になります。

 

【成分】

石ケン素地、水、スクロース、グリセリン、ソルビトール、ハイドロキノン、デカペプチド-12、ニオイテンジクアオイ油、アスコルビン酸Na、パール、ステアロイルグルタミン酸2Na、ヒアルロン酸Na、スクワラン、カモミラエキス、炭 (竹炭) 、BG、エチドロン酸Na

 

 

ぱっと見、その辺の薬局に売ってありそうな石鹸のようにちゃちゃ〜っと機械で作られた石鹸なのかと思いましたが、

 

実際は、じっくり乾燥熟成させるのに60日以上かけて作られている愛情たっぷりの石鹸なのです。

 

こんなに時間をかけるってことは、コールドプレス製法の手作り石鹸と同じなのでは?と嬉しい予感。

 

そんなこんなで、意外と手の込んでいる石鹸であることに幸せを感じながら贅沢にも全身を洗い続けること数週間。

 

f:id:opihina:20161019123831j:plain

 

肝心の美白効果は、緩やかではありますが、自慢の色白さに一段と磨きがかかった気がします。

 

ずっと使い続けることで、漂白されたかのように全身が真っ白になるんじゃないかと、継続できるものならぜひ使い続けてみたい石鹸ですね。

 

それから、泡について。

 

私はボディタオルなどで擦り洗いをせず、顔と同様に体も手で洗っています。

 

だからこそ泡にはすごくこだわっている身なのですが、このハイドロキノンソープは泡まで優しいのなんのって♡

 

お菓子作りで使うメレンゲと焼いたマシュマロのじゅわっと感を足したような、とても優しくて気持ち良い泡なのです。

 

洗い流した後は、これまたしっとり透明感が出ていて、「美白しながら低刺激&高保湿を両立」というBIHAKUENのこだわりは本物だと思いました。

 

ちょっと怖くて危険なイメージのハイドロキノンがこんなに優しい使い心地でいいのか!と驚きです。

 

ですが、やはり石鹸であることには変わりありませんので、スピーディーな結果を求めるのであれば、ダイレクトに攻めることができるハイドロキノンクリームの方が体感しやすいかと思います。

 

私もちゃっかりトレチノインとセットで持っているというね。

 

f:id:opihina:20161019124130j:plain

▶︎BIHAKUEN ハイドロキノン4% + トレチノイン0.1%

 

これらは、石鹸とは違って刺激がかなり強く、お肌に多大なる負担をかけてしまいますし、使用中は神経質になりすぎるくらい紫外線を気にして過ごさなければならないので、何度試してもまだ使いこなせておりません。

 

そういうわけで、ハイドロキノンソープのように毎日手軽に続けられるくらいの美白アイテムを味方につけておいた方が、確実に一生モノの美白肌を手に入れることができると私は思っています。

 

美白効果だけでなくお肌もスベスベになりますので、ぜひ一度試されてみてくださいね。

 

 

詳細はこちらです♪

▶︎BIHAKUEN ハイドロキノンソープ