こんな飲み方をしているので、私は一度たりともLypriCelリポソームビタミンCを不味いと感じたことはありません♪

 

前回の記事『LypriCelリポソームビタミンCを一箱飲み終えました。誰もがすごい!と絶賛し溺愛している中、私だけはリピートするべきか悩む結果に。』では、リポソームビタミンCを一箱飲み終えての感想を書きました。

 

 

どんな内容だったのかを簡単に説明しますと、

 

「飲むビタミンC点滴と呼ばれ、多くの人に大絶賛されているLypriCel (リプライセル) リポソームビタミンCの何がすごいのか、私にはさっぱりわかりませんでした。」

 

というお話でした。

 

そんな私ですが、ある飲みものと一緒に摂っていたため、味の不味さでも有名なリポソームビタミンCを一度たりとも不味いと感じたことはありません。

 

どんな飲み方をしたのかを紹介するとともに、飲み合わせについての疑問も解決していきたいと思います。

 

まずは、飲み方です。

 

空腹時に飲むのが大前提なのはもちろんのこと、その後15分間は何も食べてはいけないと商品の説明文に書いてあるので、これはきちんと守っています。

 

そして、私が使った手助けアイテムはこちらです。

 

 

ベジタリアンな私にとって唯一のタンパク源になっている豆乳さんです♪

 

小さなコップに豆乳を注いで、そこにリポソームビタミンCを入れます。

 

 

次に、コップを軽くユサユサ揺らしてリポソームビタミンCを豆乳の膜で覆うようにして準備を整えます。

 

あとは一気にグイッと飲み込むだけです。

 

オレンジジュースで飲む方法もあるみたいですが、豆乳を使うと、大豆の味とリポソームビタミンCが妙に馴染みあって違和感がないのですよ♪

 

きっと、リポソーム化するために使われるナノカプセルが大豆由来であることが組み合わせの良さに出たのでしょうね。

 

そこで問題点に浮かび上がってきそうなことは、水以外の飲みもの (ましてやこってりな豆乳) と一緒に摂るとビタミンCの吸収が阻害されるのではないか?ということでしょうね。

 

たった1包飲んだだけで何かしらの変化があったと言う人が多い中、私が何も体感できなかったのは豆乳と一緒に摂ったせいなのかな?と思い、飲み合わせについて調べてみました。

 

その結果、サプリメントは医薬品ではないので、何で飲むかそこまで神経質にならなくても大丈夫だそうです。

 

むしろ、タンパク質とビタミンCは、一緒に摂ることでコラーゲンの生成が促進されるという美肌作りに嬉しい報告もあります。

 

とは言っても、牛乳には胃に膜を張って栄養分の吸収率を低下させる説があるように、豆乳にも似たような作用がありそうな気がします。

 

なので、限りなく100%に近い吸収率でリポソームビタミンCを体の中に取り込みたいのであれば、迷わず水で飲むことをおすすめします。

 

ひとまずホッと一安心したところで、それでは私の何がいけなかったのだろう?という疑問だけが残ってしまいました。

 

考えられる原因は、私がベジタリアンであるが故にタンパク質が不足していることや、食事らしい食事を摂らないこと、甘いものがやめられないことにあるのではないかと思います。

 

土台がしっかりしていないものだから、いくらビタミンCを取り込んでも効果を発揮できないでいるのでしょう。

 

というわけで、どうやら今の私にはオロナミンCで充分みたいです (笑) 。

 

ですが!商品レビューを見ると、リポソームビタミンCがいかに多くの人に愛され、いかに頼りにされている商品なのかがわかります。

 

ぜひ一度、商品ページに掲載されている絶賛のコメントを見に行かれてみてくださいね。

 

詳細はこちらです♪

▶︎LypriCel リポソームビタミンC (30包)