久しぶりに食べるローチョコレートは、SUNBIOTICSの商品にしてみました♪だけどやっぱり美容サプリメントだと思ってしか食べられない味でした (笑) 。

 

iHerbでお買い物をするようになってから、早くも2年が過ぎました。

 

今思えば、ローチョコレート作りの材料集めがiHerbの存在を知ったきっかけだったなと、その頃を懐かしく思います。

 

今ではすっかりローチョコレート作りへ情熱が冷めきった私ですが (笑) 、ふと再びローチョコレートを作りたいという欲が出てくることもあります。

 

だけど、また一から材料を集めるのが大変だし、何より材料がどれも在庫切ればかりだったので、とりあえず既成のものから再開することにしました。

 

購入したのは、SUNBIOTICS (サンバイオティクス) の乳酸菌入りオーガニックローチョコレートです♪

 

▶︎SUNBIOTICS オーガニック プロバイオティック ローチョコレートバー (35g)

 

ローは英語で書くとRaw。

 

つまり生 (なま) という意味で、ローチョコレートとは、カカオ豆の持つ栄養や酵素が生きているチョコレートのことなのです。

 

原材料は下記の通りです。

 

【原材料】

ローカカオニブ*、ローカカオ豆*、ココナッツシュガー*、ローヤーコンパウダー*、ローカカオバター*、ローバニラビーン*、乳酸菌、ビフィズス菌

*:オーガニック

 

 

どんなものかと、さっそく食べてみました。

 

 

案外普通のチョコレートっぽくて美味しいかも♪

 

・・・ん?

 

げっ!やっぱり不味いじゃん!

 

そうです。

 

初めに甘さが伝わってきたかと思うと、次は漢方薬に使われる薬草をすり潰して食べているかのような、ローカカオならではの味がしました。

 

まだローチョコレートなるものを口にしたことがない人のためにお話をしますと、生魚と焼き魚の味や香りが違うように、

 

チョコレートも、焙煎されたカカオとそうでないローカカオでは味や香りが違います。

 

それを好んで作ったり食べたりしている方もいらっしゃるので、一概に不味いとは言えませんが、

 

チョコレートだと思って食べるのではなく、美容サプリメントだと思って食べなければ、ローチョコレート生活は続かないと改めて思い知らされた気分でした。

 

とはいえ、美容やアンチエイジングに良い食べものであることには間違いありませんし、それが故に、どんなに不味かろうともローチョコレート欲は尽きません。

 

すでにローチョコレートを食生活に取り入れていらっしゃる方も、ローチョコレート初心者の方も、ぜひSUNBIOTICS (サンバイオティクス) の商品を試されてみてくださいね。

 

詳細はこちらです♪

▶︎SUNBIOTICS オーガニック プロバイオティック ローチョコレートバー (35g)