The Tea Roomのアーモンドキャラメルチョコレート。ひとかけら食べるだけで、おしゃれなカフェにいるような上質な時間に♪

 

チョコレートにお茶っ葉が入っているなんて素敵〜♪

 

と、ビープルバイコスメキッチンで出会った時に心がときめいたThe Tea Room (ザ・ティールーム) のオーガニックチョコレート。

 

嬉しいことにiHerbでも販売されていたので、試しに一枚買ってみました。

 

▶︎The Tea Room チョコレートフュージョン ダークチョコレート アーモンドキャラメル (51g)

 

せっかくのお茶っ葉入りチョコレートなのだから、カモミールティーやジャスミンティー入りのものを選べば良かったものの、私は無難にキャラメルアーモンド味を選んでしまいました (笑) 。

 

原材料は下記の通りです。

 

【原材料】

有機カカオマス、有機サトウキビ、有機ココアバター、海塩、キャラメルエッセンス、アーモンドエッセンス、バニラエクストラクト

 

基本的に、The Tea Roomのチョコレートには、板チョコレート1枚あたりティーカップ1杯分の茶葉が含まれているそうなのですが、アーモンドキャラメル味にはTea (お茶) 要素が含まれていません。

 

お茶とまではいかなくても、せめてフレーバーコーヒーなんかが入ってたら良かったのにな。

 

そんなわけで、お茶っ葉が入ったチョコレートという憧れは叶いませんでしたが、これはこれで一体どんな味がするのか楽しみでした。

 

開封してみると、いたってシンプルな板チョコレートが出てきて、カカオ60%のダークチョコレートとは思えないミルキーで甘いキャラメルの香りがします。

 

 

ひとかけら食べてみると、はじめに塩気が伝わってきて、その後に今までに味わったことのないおしゃれで上品なキャラメルの味が口の中に広がりました。

 

 

確かに独特といえば独特なのですが、その辺のお菓子売り場にあるようなお子様向けのキャラメル味のチョコレートとは違って、めちゃくちゃ気合入りまくりの本格的なキャラメル味なのです。

 

アーモンドは、キャラメルの味に上手く溶け込んでいるため、あまり主張は強くありません。

 

食べるタイミングによって美味しいと感じたり、変な味だと感じたり、いかに自分の舌がジャンクなチョコレートに慣れきっているのかが試されるような味ではありますが、

 

逆に言えば、これが美味しいと感じれば、本物のチョコレートの味がわかる一流のチョコレート好きになれたような気分になれます。

 

なんせThe Tea Roomのチョコレートは、世界中のチョコレートが集まるアメリカのコンテストでベストショコラティエを受賞した名誉ある逸品なのですからね。

 

はじめは、そこまで美味しいと感じていませんでしたが、毎日1〜2かけらずつ食べているうちに、「明治のミルクチョコレートよりも断然こっちの方が良い!」と言えるくらい美味しいと感じるまでになりました。

 

あまりにも素敵な味がするものだから、このチョコレートを食べるだけでおしゃれなカフェにいるような上質な時間を過ごせるのです♪

 

ぜひ、The Tea Roomのチョコレートを食べて、いつもとは違ったチョコレートタイムを過ごされてみてくださいね。

 

詳細はこちらです♪

▶︎The Tea Room チョコレートフュージョン ダークチョコレート アーモンドキャラメル (51g)