BBXとリーンフレームを飲み比べてみた感想。

 

とても評判が良く、知名度が上がりつつあるタイ製のダイエットサプリ『BBXダイエットサプリメント』にそっくりな商品が出たという情報を得て、物は試しに1箱買ってみました。

 

▶︎Exafit リーンフレーム

 

脂肪に働きかけ、過剰な食欲もケアし、引き締まった筋肉へと導く!

 

そんな魅力的な宣伝文句とともに日本にやってきたアメリカ製のダイエットサプリ『リーンフレーム』でございます。

 

BBXに食欲もカロリーカットもお通じ対策も全部丸投げ中。安心して身を任せられる優良ダイエットサプリメントです♪』の記事では、BBXに食欲コントロールもカロリーカットもお通じ対策も全部丸投げしているほど超頼れるダイエットサプリだということをお話しした私ですが、

 

そのBBXと同じ成分が含まれていて、さらには何に関しても最先端なアメリカ製となると、BBXよりすごいサプリメントなんじゃないか!?って期待しちゃいますよね。

 

ということで、今回はBBXとリーンフレームを飲み比べてみての感想を書きたいと思います。

 

 

まず、BBXを飲んだことがある人ならば誰もが真っ先に味わうであろうお通じの良好さについては、

 

BBXにそっくりな成分のダイエットサプリということで、同じようにモリモリ、そしてするりんポン!と、気持ち良いお通じがあることをリーンフレームにも期待していたのですが、残念ながら何も変化はありませんでした。

 

食欲抑制も脂肪燃焼も大事だけど、これまでの経験上、お通じ対策こそが減量に繋がる重要なポイントだと思っているので、その点ではBBXの勝ちです。

 

私がずっと憧れている美女なあの子も「出せば痩せる!」なんてことを言ってたし、これは間違いありません。

 

次に、ストレスのケアについては、これまたBBXの方が力があったなという感じです。

 

ストレスホルモンの分泌量を測ってみないと本当のところはわかりませんが、ストレスが溜まりやすい私を救ってくれた感があったのは、やはりBBXでした。

 

それから、カロリーカット効果については、あくまで感覚的なところなのですが、BBXは「これさえ飲んでおけば、食べても大丈夫♪」と、食に対して前向きになれるのに対し、リーンフレームは「飲んでもあんまり意味がなさそう〜。」と、気休めでしかありませんでした。

 

最後に、飲み心地もBBXの方が良かったです。

 

1錠の大きさは、手に取るとBBX (ピンク色の錠剤) の方がデカッ!っと感じてしまいますが、実際は両方とも大して変わりません。

 

 

問題は、リーンフレームがカプセル剤であることで、毎回喉の粘膜に張り付いたような違和感があったり、カプセルやその中身の変な匂いが喉の奥で充満したりして、飲むこと自体がストレスになってしまいました。

 

上手く飲めたとしても、成分に含まれているショウガのせいか、胸元が少しスースーカッカして、治るまでは気分が悪かったです。

 

ここまで見ると、なんだか頼りないリーンフレームさん・・・。

 

でも、ひとつだけBBXより良いところがあります。

 

使用感としては、BBXのようにお通じがすこぶる良くなるわけでも、代謝が良くなったと感じるわけでもなく、ぶっちゃけパッとしないサプリメントだなと思っていましたが、

 

「あれ?そういえば、リーンフレームを飲んでおくとお腹が空かないんだよね〜。」と、ごく自然に食べたい気持ちがコントロールされているのです。

 

いつまで経ってもお腹が空かないし、いつも通りの量の食事を用意しても、半分くらい食べたところでお腹がいっぱいになりました。

 

あまりにも急に食べる気がなくなったり、食べたとしても量が食べられないものだから、「最近、食欲がなくなるほど疲れているのかな?」と、心配になってしまいましたが、よく考えてみれば、リーンフレームを飲み始めてからそうなったことに気付きました。

 

商品のレビューを見ると、私と同じようにお腹が空かないという感想を持った方が結構いらっしゃるみたいなので、この感覚はまんざら嘘ではないようです。

 

 

で!!

 

結局どっちが良いのか?となると、私はBBXの方が好きです。

 

お通じがすこぶる良好になるのもあってか、やっぱりBBXの方が使用感にパンチがあります。

 

こっちが本物であっちが偽物とか、そういうのがあるわけではありませんが、BBXの方が本物だなと思える品質も感じられて良かったです。

 

確かに、食欲抑制についてはリーンフレームの方が上でしたが、食べない人を目指してあれこれ頑張っているうちに少食化に成功し、体重が40.5kgからほとんど変わらない恒常性抜群の私の体では、「食べない=痩せる」は通用しなくなっているので、食欲がなくなってもあまり意味がありませんでした。

 

そういうわけで、生理前やストレスなどの不安定な精神状態からやってくる突発的な食べ過ぎを防いだり、無かったことにしてくれたりするBBXの方が私には合っていたということになります。

 

ですが、逆に言えば、日頃の食べる量さえ減らすことができれば体重に変化が出る人であれば、リーンフレームは良い味方になってくれるでしょう。

 

以上が、BBXとリーンフレームを飲み比べてみての感想になります。

 

今回、比較の内容に脂肪燃焼や筋肉作りのことが入っていませんでしたが、

 

私の運動といえば、家事とお買い物と朝晩ヨガを3ポーズするくらいなので、あまり言えることがなかっただけです (笑) 。

 

活動量が多い人やスポーツをしている人だと、BBXもリーンフレームも脂肪燃焼や筋肉作りに大いに役立つかと思います。

 

もちろん、人それぞれ相性もありますので、合いそうだなと思ったサプリメントから試されてみてくださいね。

 

詳細はこちらです♪

▶︎BBXダイエットサプリメント(Tablet Dietary)

 

▶︎Exafit リーンフレーム