良い変化があったあの味を体は忘れない。4本目のフローエッセンスでは好転反応が出ました♪

 

久しぶりにフローエッセンスを買いました。

 

▶︎Flora フローエッセンス (503ml)

 

お菓子の大量食いがやめられなかった頃、甘いものが嫌いになる方法を探している時に出会った飲みものです。

 

フローエッセンスとは、簡単にいえばデトックスハーブティーのことです。

 

原材料に使われている8種類のハーブは、ひとつひとつの材料を買い集めれば自分でフローエッセンスを作れるのではないか?と思ってしまいそうな植物ばかりですが、

 

4000年以上伝え続けられてきた伝統ある製法で作られているからこそ、わざわざ500mlで3,000円〜4,000円もするフローエッセンスを買う理由があるのです。

 

【8種類のハーブ】

ゴボウ、ヒメスイバ、アカニレ、クレソン、ブレストシスル、レッドクローバー、ダイオウ、ケルプ

 

iHerb生活を始めてもうすぐで3年が過ぎようとしていますが、フローエッセンスを買うのは今回で4本目になります。

 

かなりスローペースですし、1本1本の間隔が空いてばかりですが、こうして忘れた頃に集中して飲むだけでも十分その力を発揮してくれます。

 

食生活の乱れやダイエットに行き詰まった時のグデグデ感を立て直すスタート地点になってくれるのです。

 

良い変化があった時のことを体が記憶しているからか、そこからまたぐんぐん調子が良くなっていくので、一見意味がなさそうなペースではあるものの、定期的に飲みたくなります。

 

 

はじめの方で言ったように、もともと私がフローエッセンスに手をつけた一番の目的は、甘いものが嫌いな人になるためで、1〜3本目までは、食べものの好みを変えたり、少食になったりするためによく働いてくれたなという感想を持ちましたが、

 

4本目の反応として現れたのは、普段は絶対に見ない大きな吹き出物がおでこにボン!と出たことと、お通じがすこぶる良くなったことです。

 

お通じに関しては、原材料に含まれているダイオウのおかげかと思いますが、おでこにできた吹き出物は紛れもなく好転反応ってやつですね。

 

フローエッセンスは、何に効くというはっきりした効果があるわけではなく、その時にその人が持っている悪いところを取り除いてくれるような秘めた力があるように思いました。

 

飲み方は、1日1回、約60mlのフローエッセンスを同量の温めたミネラルウォーターで薄めて空腹時に飲みます。

 

夜寝る前だと、安眠効果も期待できるので尚良いです。

 

ちょっと酸っぱい薬草茶といった味なので、緑茶や麦茶などと比べると多少飲みづらさはありますが、

 

味覚器にあるひとつひとつの細胞がビビッ!と正されるようなフローエッセンスならではの味を感じるためにも、口の中で泳がせるようにゆっくり飲むことをおすすめします。

 

何かしら不調を感じている時、美容や健康、ダイエットで行き詰まっている時に、ぜひフローエッセンスの力をかりてみてくださいね。

 

詳細はこちらです♪

▶︎Flora フローエッセンス (503ml)