簡単にローカカオ生活を送ることができるローココア。ローチョコレートを作りたくても時間が取れない人に絶対おすすめ♪

 

私とiHerb (アイハーブ) を出会わせてくれたもの、それはローチョコレートでした。

 

iHerbでローカカオバター、ローカカオパウダー、マヌカハニーなどを買い揃えて、いつかはローチョコレート専門のお店を出したいと思うくらいローチョコレート作りに情熱を燃やしていた時期があります。

 

ところが、そんな波に乗っている時に限って仕事が猛烈に忙しくなりはじめて、だんだんローチョコレート作りから遠ざかってしまい、今ではめっきりやらなくなってしまいました。

 

ローチョコレートを作るのはすごく楽しいし、オリジナルのレシピを考えるのもわくわくするし、本当はまたいっぱい作って毎日食べたい♪

 

この気持ちは今も変わりません。

 

そんな時でも簡単にローカカオ生活を送ることができるのが、ローカカオパウダーを使ったローココアです。

 

▶︎Navitas Organics オーガニックカカオパウダー (454g)

 

ローカカオパウダーだけでも買っておくと、いつでも簡単にローチョコレートに値する美容飲料を摂ることができるので、またいつかローチョコレート作りに専念できる日が来るまでは、ローココアさんがその欲を満たしてくれます♡

 

レシピは、普通のココアと同じように「ローカカオパウダー+砂糖+豆乳」という材料で作っても良いのですが、

 

ローカカオパウダーのローは、英語で書くとRaw。

 

つまり生 (なま) だけあって、一般的なココアパウダーのように焙煎されたカカオ豆が使われているのではなく、天日干しをして自然に乾燥させたカカオ豆が使われているので、カカオそのものの酸味が残っているのが難点です。

 

お魚だって、お刺身と焼き魚では味や香りが違うのと同じですね。

 

なので、私は美味しく飲めるように、森永の純ココアパウダーも一緒に入れて作っています。

 

 

【レシピ】

ローカカオパウダー:小さじ山盛り2杯
森永の純ココアパウダー:小さじ山盛り1杯
黒砂糖:小さじ山盛り3杯
豆乳:150ml

 

パウダーの量をもっと多くして、チョコレートドリンク感を出しても美味しいですよ♪

 

 

さて、ここで重要になるのは、豆乳の温度です。

 

ローカカオの生きた栄養や酵素を台無しにしないためにも、必ず47℃以下、もっと余裕を持って45℃以下に温めた豆乳を使うことをお忘れなく!

 

とは言っても、温度計で計るのが手間になってしまってはいけないので、

 

加熱をしたりやめたりして様子を見つつ、スプーンでひとくち飲んでみて、ぬるいなと感じたところでこれ以上温めるのをやめておけば大丈夫です。

 

また、私が紹介したレシピでは100%Rawではないので、完璧にこだわるのであれば、お砂糖には非加熱のココナッツシュガーを、豆乳や牛乳の代わりには生アーモンドミルクを使うと良いですよ。

 

ローチョコレートのことは知っていて、作ってみたいけれども、材料を全部揃えるにも決して安くはないし、温度管理が難しそうだし、そもそもゆっくり作る時間がない・・・

 

そんなふうに、関心はあるもののなかなか手を出せない人にこそローココアはとてもおすすめです。

 

ぜひ、ローカカオパウダーを使って、日々の食生活に生のカカオを取り入れてみてくださいね。

 

詳細はこちらです♪

▶︎Navitas Organics オーガニックカカオパウダー (454g)