TAZOのチャイを飲んでみました。さすがスタバに選ばれた茶葉のブランドだけあってスパイス感抜群の美味しさです♪

 

今は違うブランドの茶葉に変わっているようですが、数年前まではスターバックスのドリンクメニューのひとつ、チャイティーラテに使われていたとかいうTAZO (タゾ) の茶葉。

 

嬉しいことに、TAZOのチャイはiHerb (アイハーブ) でも販売されていますね。

 

というわけで、スターバックスには数えるほどしか足を踏み入れたことがないくせに、これからはお家がスタバだ〜♪と、超るんるん気分で1箱買ってみました。

 

▶︎Tazo Teas オーガニックチャイ ブラックティー (54g)

 

一時期チャイにハマっていて、シナモンやカルダモンなどのスパイスを買い集めて自分で作っていたのですが、すでにスパイスが調合されているティーバッグがあるとやっぱり便利ですね。

 

自分で調合するよりもティーブランドの会社に任せたほうがいいに決まっているし、もっと早くTAZOの存在を知りたかったです。

 

最近ではお湯を注ぐだけで作れる粉末状のインスタントチャイなるものも見かけますが、それらには添加物などの余計なものも入っているので、選ぶならやっぱりTAZOのチャイみたいに茶葉とスパイスだけのシンプルなティーバッグがいいですね。

 

それでは、さっそく飲んでみての感想を書いていきます。

 

 

まずは、作り方です。

 

作り方には決まりがあって、沸騰させた236mlのお湯にティーバッグを5分間浸すと書いてありますが、一度でそんなに飲めませんし、あとから豆乳も足さなければならないので、私は120mlのお湯で作っています。

 

 

それだと濃すぎるのでは?と思われるかもしれませんが、一度に2パック使っているのと同じことになり、スパイスがしっかり感じられるチャイが作れるので、むしろ少量のお湯で作ったほうが良かったりもします。

 

それから5分後、温めた豆乳30mlと黒砂糖を入れたら完成です。

 

 

わくわくしながら飲んでみると、さすがスターバックスに選ばれた茶葉のブランドだけあって文句なしに美味しいです♡

 

これぞ本物のチャイ!ってな感じで結構スパイスがきいています。

 

とはいえ、ベースは甘いミルクティーということもあって、そのまろやかさが辛味をちょうどいいくらいまで消してくれるので、子供でも美味しく飲めるのではないかと思えるほど甘くてミルキーでもあります。

 

もしスパイスが強すぎると感じた場合は、お湯の量を120ml→100mlに減らし、豆乳の量を30ml→50mlに増やすといったように配合の割合を変えるだけでスパイス感が弱まりますので、お好みで調節してみてくださいね。

 

詳細はこちらです♪

▶︎Tazo Teas オーガニックチャイ ブラックティー (54g)