海外製にしては珍しいさらさらの使い心地。ABRA Therapeuticsのボディスクラブはオイリーな仕上がりにならないから気兼ねなく使える♪

 

海外製のボディスクラブといえば、砂糖や塩に植物オイルや植物エキス、精油を混ぜただけのシンプルなものが多くて、自然志向の美容アイテムが大好きな人にとってはありがたい存在ですよね♪

 

その反面、お風呂場の床がオイルでベトベトになったり、肌の仕上がりがギットリ油まみれになるスクラブが多いのも事実。

 

シンプルで良質な天然素材だけで作られているのは本当に嬉しいのですが、使ったあとのことを考えると、掃除に時間が割ける日でないとそう気軽に使えないのですよね。

 

そこで、オイリーな仕上がりにならないボディスクラブを探していたらちゃんとありました♪

 

ABRA Therapeutics (エイブラセラピューティクス) のボディスクラブです。

 

▶︎ABRA Therapeutics ナチュラルボディスクラブ ディープリラクゼーション ラベンダー&メリッサ (510g)

 

さっそく開けてみると、容器の中にはバスソルトとして使ってもよさそうなくらい、さらさらのスクラブが入っています。

 

 

これなら気兼ねなく使えそうだなといった感じです。

 

蓋には開け口が2つあるので、好きなほうからスクラブを取り出すことができます。

 

 

香りは、ラベンダー&メリッサとなっていて、ラベンダーの香りは知っているけどメリッサって何だ?と、知らない香りが混ざっていることに自分の苦手な香りだったらどうしようと手に取る日までは不安でしたが、

 

ほぼラベンダーと言ってもいいくらい、香りはラベンダーがメインで成り立っています。

 

これがとても良い香りで、これぞアロマセラピーといったラベンダー精油の香りは、容器にも書いてある通り、まさにディープリラクゼーションです!✧

 

 

さて、実際にスクラブしてみると、どこの一般家庭にもありそうな普通の塩で肌を磨いているような肌あたりで、人によってはパラパラと落ちてしまうところに使いにくさを感じるかもしれません。

 

こんなふうに、使い心地だけでいえば特別な美容アイテムを使っている感覚があまりないのですが、洗い流している最中の肌を触ってみると、オイルで薄くコーティングしたみたいにつるつるしていました。

 

初めて使った日は、この使用感を「なんだかんだこれもオイリーやん!」と勘違いしてしまったのですが、お風呂から上がって体を拭いたあとはさらさらすべすべしているし、床もオイルでベトベトになっていないし、

 

つまり、このスクラブを使うと、オイルでコーティングされているのかと思ってしまうほど肌表面のでこぼこがなくなってなめらかになるというわけです♪

 

 

さらさらのスクラブとはいえ、少しは成分に植物オイルが含まれていますが、肌に残っているか残っていないかわからないくらいのわずかなオイリーさしか感じられないので、やはりスクラブ効果が高いからこその仕上がりなのだなと思いました。

 

これはぜひ他の香りも試してみたいですね。

 

海外製によくある、オイルスクラブともいえるこってりとした仕上がりやお風呂場の床掃除のことで困っていた方にとっては、「そうそうこんなの探していた♪」となるボディスクラブになることは間違いないでしょう。

 

詳細はこちらです♪

▶︎ABRA Therapeutics ナチュラルボディスクラブ ディープリラクゼーション ラベンダー&メリッサ (510g)