これに勝るビタミンEサプリメントはない。Wilderness Poetsのローアーモンドバターを使って生アーモンドミルクを作ってみました。

 

パソコンを使う時間が長い私は、血流を良くして目が疲れないようにするために医薬品のビタミンE製剤を飲んでいます。

 

ビタミンEにも種類があって、天然と合成、そしてもうひとつ天然のビタミンEを酢酸と反応させて安定化した天然型というものがあります。

 

天然のビタミンEだと高くて手が出せない、でも合成だと体内での効力に劣る、だからあいだをとって値段もお手頃な天然型のビタミンE製剤を選んでいました。

 

でも、私は気づいたのです。

 

天然とか合成とか言う前に、食べものから自然な形でビタミンEを摂るのが一番だと。

 

ということで、ビタミンEがたっぷり含まれている食べものの代表ともいえるアーモンドさんに力をお借りすることにした私は、Wilderness Poets (ウィルダネスポエッツ) のローアーモンドバターを買ってみました。

 

▶︎Wilderness Poets ローアーモンドバター (227g)

 

ローアーモンドバターのローは、英語で書くとRaw。

 

つまり、生 (なま) という意味ですね。

 

 

アーモンドに含まれている栄養素は熱に強く、焙煎されたアーモンドと生のアーモンドでは、栄養を比較してもほとんど変わらないと言われていますが、

 

それでもやっぱり限りなく新鮮な状態でビタミンEや良質なオイルを摂りたくて、Rawにこだわってみました。

 

 

さて、このローアーモンドバターをどんなふうに使うのかというと、はちみつやメープルシロップと混ぜてパンに塗ったり、そのまま食べたりしても美味しいのですが、私はアーモンドミルクにして飲んでいます。

 

作り方はとっても簡単です。

 

大さじ山盛り1杯のローアーモンドバターをコップに入れて、そこに35度くらいまで温めたぬるい豆乳を少しずつ注ぎ、数回に分けてローアーモンドバターを溶きます。

 

すべての豆乳を注ぎ終えたら全体を軽くスプーンで混ぜて、最後に茶こしを通して飲む用のコップに移したら生アーモンドミルクの完成です。

 

 

コーヒーに入れるクリープのような味わいで、焙煎されたアーモンドから作られた香ばしいアーモンドミルクとはまた違った美味しさが楽しめます。

 

アーモンドのつぶつぶ感が大丈夫な方は、茶こしを使う工程は省いても大丈夫です。

 

それから、これまたRawの話になりますが、生アーモンドミルクとローカカオパウダーを使ってローココアを作っても美味しいですよ♪

 

アーモンドチョコレートでは味わえない、カカオとアーモンドの本当の相性の良さを知ることができます。

 

ローカカオパウダーは、ローアーモンドバターと同じブランドの『Wilderness Poets ローカカオパウダー』が私のお気に入りです。

 

 

【材料】

ローカカオパウダー:小さじ山盛り2杯
森永の純ココアパウダー:小さじ山盛り1杯
黒砂糖:小さじ山盛り3杯
生アーモンドミルク:150ml

 

このときも、せっかくのRawを台無しにしないために、生アーモンドミルクの温度が47度を超えないように気をつけてくださいね。

 

 

サプリメントよりも何よりも一番自然な形でビタミンEを摂ることができて、液体だから消化吸収にも良いし、生アーモンドミルクに勝るビタミンEサプリメントはきっとないはず!✧

 

これからもローアーモンドバターで作った生アーモンドミルクを食生活にどんどん取り入れていきたいと思います。

 

詳細はこちらです♪

▶︎Wilderness Poets ローアーモンドバター (227g)