フェイスパックvsクレイバス。使い心地はクレイバスの勝利!Now Foodsのベントナイトクレイパウダーは顔にパックするのが難しかったです。

 

フェイシャルケアの中で一番好きと言ってもいいのがクレイパック。

 

湯船に浸かって毛穴が全開になっている状態でクレイパックをしたあとは、毛穴に詰まっていた汚れが気持ち良いくらいきれいさっぱりなくなって、一発でくすみのない美白肌になれるところが気に入っています。

 

いつもは170g入りの小さめのクレイパウダーをiHerb (アイハーブ) で買っているのですが、

 

フェイスパックとしてだけでなく、洗顔の代わりやクレイバスとしてもバンバン使うようになったので、これはもう大容量のクレイパウダーを買うしかない!と思い、でっかいやつを買っちゃいました。

 

▶︎Now Foods ベントナイトクレイパウダー (454g)

 

Now Foodsのベントナイトクレイパウダーです。

 

商品レビューでは、溶けにくいだのダマになるだの書いてあったので、扱いにくいことはわかっていましたが、実際に使ってみると予想以上に扱いにくくて困りました。

 

 

ぬるま湯と混ぜたあとに時間をおくなりすればなんとかなるでしょ♪と考えていましたが、そう簡単なものではありませんでした。

 

今まで使ってきたクレイパウダーと同じ要領で混ぜても全然溶けないし、30分くらい放置してクレイが完全に水分を吸ったあとだとしても、そもそもペースト状にならないから顔に塗れないというね。

 

 

肌にぎゅーっと押し当てるようにグイグイ塗ればなんとかクレイパックらしくはなりますが、この行為が肌にとって良いとは思えません。

 

 

それに、やっと顔に塗れたかと思えば、今度はみっちり吸着しすぎてなかなか肌から離れてくれず、洗い流すのに時間がかかってしまいました。

 

それこそ肌の負担になるのではないかと、どうもこの使い心地は好きにはなれませんね。

 

それでもベントナイトクレイパウダーを良い商品だと言っている人が多いのは、潤い力を思わせるぬるっとつるっとした触感や、パック後のしっとりとした仕上がり、肌がお餅の表面みたいにきめ細かくなるところに他のクレイでは味わえない良さがあるからでしょう。

 

そこは私も認めます。

 

 

でも、やっぱり私はずっと愛用している『ヨーロピアンクレイパウダー』のほうが、ダマ無しのなめらかなペーストになってくれて、顔に塗りやすいし、洗い流しやすいし、一発でハッとするような美白肌が手に入るから好きです。

 

さて、こんなふうにフェイスパックとしての使い心地が合わなかったときでも大丈夫♪

 

入浴剤として使えばいいのです。

 

 

入れる量は30g程度で大丈夫ですが、私はもう少し濃さがほしくて40g入れています。

 

クレイバスの特長といえば、優れたデトックス効果ですね。

 

単に汗から老廃物や毒素を出すだけでなく、クレイバスには電磁波を除去する効果もあるので、パソコンやスマホの画面を見すぎて脳がビリビリしているときにクレイバスに浸かると、頭の中がすっきりクリアになるのを体感できますよ。

 

ガトーショコラをシュガーパウダーで仕上げるみたいに、湯面にまんべんなく丁寧にクレイパウダーをふりかければダマにならずきれいに混ざるので、クレイバスでの扱いやすさは何も心配いりません。

 

 

ヒアルロン酸やコラーゲン入りの入浴剤みたいにとろっとした湯ざわりが心地よく、ただゆったりと浸かっているだけで全身クレイパックと同等の美肌効果が得られるから、これはやらなきゃ損ですよ!✧

 

というわけで、Now Foodsのベントナイトクレイパウダーは、クレイバスでの使用を目的として購入することをおすすめします。

 

詳細はこちらです♪

▶︎Now Foods ベントナイトクレイパウダー (454g)