何度でも買いたくなるiHerbのおすすめお菓子&チョコレート☆

 

小学生の頃から主食になるくらいお菓子が大好きな私。

 

今でもそれは変わりませんが、iHerb (アイハーブ) に出会い、このブログを始めてからというもの、選ぶお菓子の質がグッと向上して「iHerbユーザー」=「オーガニックな美しい食生活が大好きな人」という自分のイメージにだいぶ近づいた食生活を送れるようになりました。

 

それに、健康志向のお菓子だからといった理由じゃなくて、素直にiHerbで買えるお菓子やチョコレートのほうがめっちゃ美味しいからという理由で選びたくなるのですよね♪

 

お菓子を食べるのに罪悪感をなくすためとかでもなく。

 

いつもはひとつひとつの商品を個々にレビューしているのですが、これは!✧と思った商品は一通り試し終えたので、今回はそれらの中からおすすめのお菓子とチョコレートを紹介したいと思います。

 

 

♡クッキー。✧♡

 

▶︎Back to Nature チョコレートチャンククッキー (269g)

Back to Nature (バックトゥネイチャー) の人気ナンバーワン商品、チョコレートチャンククッキー。

クッキー部分も含めて全体的に甘く、生地の中にはチョコレートのかたまりがごろごろ詰まっていて、”超大満足” の一言に尽きます。

ヘルシーな素材のままでも最強レベルで美味しいのですが、もしもクッキーの生地に使われる油分がバターだったら、このクッキーに勝るチョコレートチャンククッキーやチョコチップクッキーはないんじゃないかなって思います。『レビュー記事

 

 

▶︎Back to Nature ピーナッツバタークリームクッキー (272g)

ミルク感のある甘いクッキーとこってりとしたピーナッツバタークリームの組み合わせが最高!✧

原材料は健康志向なのに、全くそう思わせない濃厚な味わいは、コテコテなアメリカンクッキーに引けを取らない大満足の美味しさです。

毎朝2〜3枚食べるのを楽しみにしながら前の晩に布団に入るくらい頭から離れないクッキーでした。『レビュー記事

 

 

▶︎Back to Nature クラシッククリームクッキー (340g)

見た目はオレオにそっくり。

だけど、1枚の重量感、そして中のクリームも乳製品が使われているのかと思うほどミルク感たっぷりの濃厚な甘さがあって、食べたあとの満足感がオレオの比ではありません。

からだ想いの素材でオレオの高級版ともいえるリッチな味わいが出せるなんて、Back to Natureさんは本当にいいものを作っていらっしゃるなと感動です。『レビュー記事

 

 

▶︎Back to Nature ファッジストライプクッキー (240g)

1番目に紹介した大人気のチョコレートチャンククッキーを超えた!?と思っちゃったくらい美味しさがズドーンとくるクッキーです。

国内のお菓子も含めて、チョコレートがコーティングされているクッキーの中ではぶっちぎりのナンバーワンです!✧『レビュー記事

 

 

▶︎Barbara’s Bakery スナッキマルズ アニマルクッキー チョコレートチップ (213g)

素朴な味わいでありながら、カリッと硬くてしっかり甘くて手が止まらなくなるスナッキマルズのチョコレートチップクッキー。

チョコレートチップは思ったほどたくさん入っていませんが、クッキー部分がチョコレートチップの足りなさを補えるくらい美味しいので、仮にチョコレートチップが入っていなかったとしても十分満足できます。『レビュー記事

 

 

▶︎Barbara’s Bakery Snackimals™ (スナッキマルズ) アニマルクッキー オートミール (213g)

オートミールがいい仕事をしているからか、小麦粉とバターと卵とメープルシロップで作った手作りクッキーを食べているような気分になりました。

市販のクッキーはもちろん、きちんとした洋菓子屋さんのクッキーでさえ、自宅のオーブンで焼いたクッキーには絶対に敵わないとずっと思っていたクッキーが大好きな私ですが、スナッキマルズのオートミールクッキーは格別です!✧『レビュー記事

 

 

▶︎Country Choice Organic サンドウィッチクッキー チョコレート (340g)

原材料のほとんどがオーガニック素材。

まさにオーガニックオレオなるサンドウィッチクッキーです。

からだ想いの素材で作られたお菓子なのに、甘くて濃厚でずっしり感もあって、オレオよりも断然こっちのほうが好きです。『レビュー記事

 

 

▶︎Earth’s Best Organic Letter of the Day Cookies オートミール シナモン (150g)

子供向けのお菓子にしておくのは本当にもったいない!

ベルギー産のロータスというカラメルビスケットに似ているとよく言われていたので、レビュー記事を書いたあとに、私もロータスをわざわざ買いに行って食べてみたのですよ。

それでこっそり言わせてください。

Earth’s Bestのシナモンクッキーのほうが断然おいしいよと。『レビュー記事

 

 

▶︎Almondina オリジナルアーモンドビスケット (113g)

はじめて食べるのになぜか懐かしい味は、まさにスライスアーモンドが入ったバージョンの瓦 (かわら) せんべい。

レーズンの風味がいいアクセントになっているからか、すべての素材が口の中で合わさると、ホクホクの焼き芋を皮つきのまま食べているような味も感じます。『レビュー記事

 

 

♡チョコレート。✧♡

 

▶︎Chocolove アーモンド&シーソルト イン ダークチョコレート (90g)

Chocolove (チョコラブ) 特有のチョコレート部分の味といい、甘すぎず控えめすぎずの完璧な甘さ加減といい、そこにアーモンドとシーソルトが加わった唯一無二のやみつき感は、さすがiHerbのチョコレートの中でナンバーワンの人気を誇るだけあります。『レビュー記事

 

 

▶︎Chocolove チェリー&アーモンド イン ダークチョコレート (90g)

アーモンドやキャラメルなどの万人受けする素材ばかりを好んでいる自分が、果物入りのチョコレートにこんなにハマるとは思わなかった。

Chocolove (チョコラブ) のチェリー&アーモンドチョコレートは、まるでグミ入りのチョコレートを食べているみたいでめっちゃ大好き♡

食感を楽しむためのチョコレートなので、果物が入っているチョコレートがあまり好きではない方にも自信を持っておすすめできます。『レビュー記事

 

 

▶︎Chocolove ソルテッドアーモンドバター イン ダークチョコレート (90g)

Chocolove (チョコラブ) の高級版ともいえるリッチな味わいのソルテッドアーモンドバター入りのチョコレート。

中身のアーモンドバターの主張が強くない分、まわりのチョコレート部分の味がいつも以上に美味しく、そして口溶けが良く感じられ、混じりっけのないチョコラブならではのチョコレートの味にまっすぐ向き合えた気分になりました。『レビュー記事

 

 

▶︎The Tea Room チョコレートフュージョン ミルクチョコレート ジャスミン (51g)

ジャスミン茶とチョコレートをまるで運命の出会いであるかのように調和させた素敵な味がします。

The Tea Room (ザ・ティールーム) のチョコレートは、一風変わったチョコレートだけあってたまに口に合わないフレーバーもあるけど、ジャスミン茶入りのチョコレートは本当に美味しい。

ジャスミン茶が好きな人にはぜひ食べてみてほしいですね。『レビュー記事

 

 

▶︎The Tea Room チョコレートフュージョン ミルクチョコレート クリームブリュレ (51g)

チョコレートの中にはカリカリとしたキャラメルチップらしきものが入っていて、このザクザク感とクリームブリュレ味のミルクチョコレートの組み合わせがたまりません。

The Tea Room (ザ・ティールーム) のクリームブリュレチョコレートは、iHerbのチョコレートの中で1位に輝いていいほどの美味しさだと感じました。『レビュー記事

 

 

▶︎Endangered Species Chocolate ナチュラルダークチョコレート (85g)

私がiHerbで初めて買ったチョコレートでもあるEndangered Species Chocolate (エンデンジャードスピーシーズチョコレート) のカカオ72%チョコレート。

森永製菓のカレドショコラカカオ70%チョコレートみたいに程よいミルク感と甘みのある美味しいダークチョコレートです。『レビュー記事

 

 

▶︎Endangered Species Chocolate ナチュラルミルクチョコレート (85g)

きび砂糖の優しい甘さが他の素材の味を邪魔しないため、日本のミルクチョコレートよりもミルク感がよく出ていて、ひとかけらを舌の上で溶かしながら、ゆっくり味わって食べたくなる上品な味となめらかさをしています。

リッチなミルクチョコレートとはこれのこと。『レビュー記事1』『レビュー記事2

 

 

以上が、2018年5月時点における私のiHerbおすすめお菓子&チョコレートになります。

 

これからもまだ食べていない商品を買ってみるだろうし、新商品だって出るだろうから、そのときはまた第2弾としておすすめ商品を紹介しますね♪