本とセットになっているから安心して気楽に試せた。旭研究所のハイドロキノン美容液。

 

美白成分の王様ともいえるハイドロキノン。

 

アルブチンやビタミンC誘導体など、扱うのが簡単な美白成分もあるけど、顔のシミやニキビ跡の色素沈着をスピーディにかつ強力になんとかしたいってときは、やっぱりハイドロキノンに敵う美白成分はないんじゃないかといつも思います。

 

そんなハイドロキノン関連の商品を使うのは、これまでに石鹸とクリームの2種類だけでしたが、今回は美容液を買ってみました。

 

旭研究所の業務用高濃度ハイドロキノンです。

 

 

ハイドロキノン以上に強力な美白成分はないと言ってもいいくらい頼もしい存在ではありますが、取り扱いには面倒なところがいくつかあります。

 

ハイドロキノンには光毒性 (肌につけた状態で日光にあたると、色素沈着や炎症などの皮膚トラブルが起こること) があるので、肌につけた状態で日光にあたってはいけません。つまり外に出れないということです。

 

上から日焼け止めを塗ればいいとも言われていますが、はたして本当にそれで100%紫外線から守られているのか?となると、実は日焼け止めを塗る量が足りていなかったり、汗で落ちてしまっていたりと完全な防御にはなっていないので、日中は使わないのが無難です。

 

一番いいのは、夜寝る前に塗って、朝はきちんと洗顔をしてハイドロキノンを落としてから出かけることですね。

 

そうは言っても、私自身、肌が自ら潤う力を邪魔しないために夜のお風呂上がりから朝にかけては肌に何もつけない、いわゆる肌断食をしている身でして、

 

朝は拭き取り化粧水で拭き取るだけで十分だったところ、ハイドロキノン使用中はそこを洗顔に変えなければならないことが肌にとってマイナスとなってしまいました。

 

今までは、たとえ空気の乾燥が厳しい冬だろうと顔に何もつけなくて平気だったのに、毎朝カーテンを開ける前にハイドロキノンを洗顔料で落とすということをはじめてから、肌につっぱり感が出るようになってしまったのです。

 

 

なので、私は塗布する時間を変えました。

 

ほぼ必ず家にいる夕方16時〜17時頃にシミや色素沈着が気になっているところにハイドロキノンを塗って、21時頃のお風呂の時間で洗い流すといった使い方です。

 

テクスチャーは、美容液というよりはサラサラの化粧水といった使い心地なので、ベタベタなどの不快感がなくてとてもいい感じです。

 

 

手のひらに1〜2滴出して人差し指でちょんちょんと薄くつけたり、綿棒に浸して使ったりしています。

 

液体は、はじめからカラメルで茶色に着色してあって、決して酸化によって変色したわけではありません。

 

 

ハイドロキノンは光に弱いから、手のひらに出したギリギリまで光から成分を守るための工夫かなとも思ったり。

 

さて、そんな感じで1日にたった約4時間の塗布という不足感はありますし、まともに夜寝る前から朝までの平均8時間使い続けた人と比べると結果が出るのが倍遅くなっちゃったとは思うけど、

 

2ヶ月休むことなくみっちり使い続けた頃には、ハイドロキノンによるメラニンの生成を抑える効果と肌のターンオーバーが相まって、それなりに望んだ変化が見られるようになってきました。

 

こんな使い方でもこの美白美容液すごくいいなって思えたから、きちんと夜寝る前から朝にかけての長時間使えば、1ヶ月を過ぎたあたりから変化がわかるのではないでしょうか。

 

 

ただ、ひとつ疑問に思ったことは使用期間に関することです。

 

たしかハイドロキノンは、熱や光に弱く劣化しやすいため、一度開封したら1ヶ月以内、長くても1ヶ月半以内に使い切らなければならなかったはず。

 

もちろん、しっかり密封して冷蔵庫で保管のもと。

 

だけど、旭研究所のハイドロキノンの使用期限は、開封後から3ヶ月以内とのことで、さらには保管場所は冷暗所であれば冷蔵庫でなくてもいいそうです。

 

だから私も2ヶ月使いました。

 

それと、2〜4ヶ月続けるのがおすすめということで、そこは私が調べていた3ヶ月という期間とだいたい同じだからいいかなとも思ったのですが、その期間が経ったら必ず一旦終了して肌を休ませなければならないという注意は書いてありませんでした。

 

もし何も知らずに買っていたら、普通の化粧品みたいにずっと使い続けちゃいそう・・・。

 

私、もっとハイドロキノンに詳しくなりたくて美容液単品ではなくわざわざ冊子とセットになっているやつを買ったのですけどね。

 

いろんな意味を含めての2〜4ヶ月という書き方だったんだろうけど、信頼できる会社というイメージのわりには大事なところの説明が記載されていなかったことが残念でした。

 

ですが、冊子があるおかげで安心して気楽に試せたのも確かだし、商品自体はすごく気に入っています。

 

美白を謳った化粧品でよく見かける「メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ」っていうあれ。

 

なんだそれだけか〜と見くびりがちだけど、肌のターンオーバーの間中、メラニンの生成を抑え続けることはとても大事なことなんだと改めて思い知らされた美白美容液でした。

 

詳細はこちらです♪

▶︎美しく輝く肌をめざす人のためのスポットケア美容液BOOK 業務用ハイドロキノン [旭研究所]