Pixi Beautyの顔ともいえる拭き取り化粧水グロウトニックを使ってみました。

 

泡での洗顔とは方法は違えど、意味としては美容成分で顔を洗っているようなもの♡

 

そんな嬉しいアイテムこそが拭き取り化粧水です。

 

今回は、イギリス発Pixi Beauty (ピクシィビューティー) のグロウトニックを買ってみました。

 

▶︎Pixi Beauty グロウトニック (100ml)

 

何気なく拭き取り化粧水を探しているときに、たまたまランキングの上位にいて目に留まったから買ってみたのですが、何やら現地で爆発的に大ヒットしたアイテムなのだそうですね。

 

いいもん見つけた♪とラッキーな気分です。

 

拭き取り化粧水といえば、さっぱり感を出すためにアルコールが入っているものが多いように思いますが、グロウトニックにはアルコールが含まれていないところもよかったです。

 

香りは、デパートコスメにありそうな化粧品みたいな感じで、私にとっては化粧品くさいな〜と感じてしまいましたが、コスメ好きの大多数の方は慣れ親しんだ香りだと思います。

 

テクスチャーは、明らかにとろ〜んとするほどとろみがついているわけではありませんが、しっとり系の化粧水かさっぱり系の化粧水かといわれると、しっとり系の化粧水のような重みが感じられます。

 

 

なので、肌につけたあともこれ1本で十分なほどかなりしっとりな仕上がりです。

 

ただ、前提として私は肌が自ら潤う力を邪魔しないために夜のお風呂上がりから朝にかけては肌に何もつけない、いわゆる肌断食をしている身のため、

 

保湿の点だけでいえば、たとえ冬場でも肌に何もつけなくても平気なくらいしっかり鍛えられているというのもあります。

 

保湿効果以外で、何かしらの美容成分がほしかったり、朝の洗顔代わりに拭き取り化粧水を使いたかったりするからこうしていろいろ試して楽しみを作っているといった感じです。

 

そういうわけで、グロウトニックに限らず、基礎化粧品は化粧水だけで事足りるというのもありますが、

 

そんな中、グロウトニックはしっとり感が強く、オールインワンゲルに匹敵するほどだと私の肌では体感できました。

 

2回重ねて塗布するとよりそう思いましたね。

 

古い角質を取り除くためにピーリング作用のあるグリコール酸が配合されているから、毎日使うと角質が剥がれすぎて乾燥してしまうかもしれないと思っていましたが、全くもってそんなことはありませんでした。

 

それから、このグリコール酸によるものか、グロウトニックを肌につけるとヒリヒリとした刺激を感じる方もいらっしゃるようですね。

 

私も他の商品でスースーしたりピリピリしたりするものを今まで経験したことがありますが、グロウトニックではそういった刺激はありませんでした。

 

この点に関してはなかり個人差があると思うので、いくら口コミが良いとはいえ、まずは私のように小さいサイズから買ったほうがいいでしょう。

 

 

1本使い終える頃には、ピーリングによる肌のターンオーバーがうまくいったのか、一皮剥けたように肌がぷりっとイキイキしていました。

 

コットンに汚れがついて見えるわけじゃないけど、しっかりくすみが除去されたという証拠なのかな♪

 

これは大きいサイズを買ってもっと贅沢に使ってみたかったな〜。

 

ん?でも小さいサイズと大きいサイズでは成分の並び順が若干違うのはなぜだろう。

 

とはいえ、いきなり大きいサイズっていうのも、合うか合わないかの前にお値段を見て手が止まっちゃったから、プチプラさを感じる小さいサイズのほうが手を出しやすくて、グロウトニックがどんなものかを初めて試す分には助かりました。

 

グロウトニックは、Pixi Beautyの顔ともいえる代表的なアイテムなので、気になった方はぜひ試してみてくださいね。

 

詳細はこちらです♪

▶︎Pixi Beauty グロウトニック (100ml)