念願のSunfoodのローカカオパウダーでローココア作り。

 

スーパーフードといえばこのブランド!ってな感じで国内でも知名度が高いSunfood (サンフード) 。

 

今回は、ローココア作りに欠かせない存在のローカカオパウダーを買ってみました。

 

▶︎Sunfood Organic Cacao Powder (227g)

 

ローカカオパウダーとの付き合いも長いし、サンフードのことはずっと前から知っていたのに、このブランドの商品を買うのは初めてです。

 

数あるスーパーフードの中でも、ローカカオパウダーは私にとって必需品で、いつかはスーパーフードのパイオニアともいえるサンフードのローカカオパウダーも使ってみなければと思っていました。

 

ローカカオパウダーのローは、英語で書くとRaw。

 

つまり、生 (なま) という意味ですね。

 

カカオ豆を収穫したところからカカオパウダーにするまでのすべての工程が低温で行われているので、カカオ豆の持つ栄養や酵素が損なわれることなく残っているのが普通のココアパウダーとの大きな違いです。

 

もともとはローチョコレート作りがきっかけでローカカオパウダーを買うようになったのですが、ゆっくりチョコレートを作る時間がなくなってしまい、それからというものローココアでローチョコレート欲を満たしています。

 

本当はまたローチョコレート作りに専念して、毎日をローチョコレート漬けにしたいところなのですが、諦めてローココアに切り替えてよかったかも。

 

だって、ローチョコレートを作るよりもずっと手軽でそんなにお金がかからないし♪

 

 

さて、私がいつも作っているローココアの材料は下記の通りです。

 

【材料】

ローカカオパウダー:小さじ2杯
森永の純ココアパウダー:小さじ1杯
てんさい糖:小さじ3杯
豆乳:150ml (必ず47度以下)

 

 

ただ混ぜるだけではローカカオパウダーがダマになってしまうので、はじめは計量カップや別のコップで混ぜる作業をして、そのあとに茶こしを通して飲む用のコップに移してくださいね。

 

茶こしがない場合は、上記の分量でカカオパウダーやお砂糖を入れたコップに、まずは少しだけ豆乳を注いでペーストになるように混ぜ合わせ、そのあとに残りの豆乳を加えるという方法でもダマになることなくきれいに混ざります。

 

 

材料に森永の純ココアパウダーを入れている理由は、これがないと味がぼや〜っとぼやけていてパッとしないからです。

 

とはいえ、決して美味しくないわけではなく、その味を例えると薄味のミロみたいな感じなので、森永の純ココアパウダーはなくても大丈夫です。

 

現に、普通のココアよりもローココアの味のほうが当たり前になってきた私は、最近では森永の純ココアパウダーを入れる量が、小さじ1杯→隠し味程度にちょこっと入れるだけになりました。

 

 

サンフードのローカカオパウダーで作ったローココアを飲んでみた感想としては、ラテのようなクリーミーでまろやかな味わいで、カカオパウダーが豆乳の中によく溶け込んでいるような口あたりだと感じました。

 

値段は安いのに、品質がとても良いです。

 

カカオパウダーってブランドによって味が全然違うから、ひとくち飲んだ瞬間に毎度ハッと驚かされますね。

 

 

それから、せっかくのRawを台無しにしないために、豆乳の温度が47度を超えていないことも重要です。

 

余裕をもって、お風呂のお湯くらいの温かさであればまず大丈夫ですね。

 

また、私の材料では100%Rawではないので、完璧にこだわるのであれば、お砂糖には非加熱のココナッツシュガーを、豆乳の代わりには生アーモンドミルクを使うといいですよ。

 

生きた栄養がたっぷりのローココアをぜひ飲んでみてくださいね。

 

詳細はこちらです♪

▶︎Sunfood Organic Cacao Powder (227g)