ACUREのココナッツ&マルラシャンプー。髪の仕上がりはサラサラと潤い感が両方手に入る♪

 

成分と仕上がりが気に入りすぎて、ここのところずっと連続で購入しているACURE (アキュア) のシャンプーたち。

 

1種類目はレモングラス、2種類目はパンプキンと試して、次はココナッツ&マルラシャンプーです。

 

▶︎Acure シンプルなスムージングシャンプー ココナッツ&マルラ (354ml)

 

成分はレモングラスやパンプキンのときと同じように、はじめに水、アロエベラ液汁、アサイーエキス、ブラックベリーエキス、ローズヒップエキス、ザクロエキス、カレンデュラエキス、カモミールエキス、ルイボスエキスときて、

 

やっと後半あたりからラウロイルメチルイセチオン酸Na、ベタイン、グリセリン、ココイルメチルタウリンNa、ココイルグルタミン酸Naなどの成分名が記載されています。

 

そのあとはまたアルガンオイル、オリーブオイル、ビタミンE、ガラナ種子エキス、加水分解えんどうタンパク、ココナッツウォーター、マルラオイル、香料、システインとなっていて、美髪成分で髪を洗うようなもの♪と言ってもいいところが大好きなのですよね。

 

 

そして、成分の良さだけでなく、使用感もナチュラルな成分のシャンプーだとは思えないくらい泡立ちも泡切れも本当に良くて、髪を乾かしたあとの仕上がりも文句ひとつ出ません!✧

 

とくに私なんて、コンディショナーやトリートメントを完全にやめてシャンプーいっぽんにしているから、なおのことシャンプーだけでこんなにも満足できる仕上がりになるACUREのシャンプーにはすごく感謝しています。

 

シャンプーいっぽんをうまくいかせるポイントは、ケチらずに十分な量の泡できちんと洗うこと。

 

本当に良いシャンプーは、コンディショナーやトリートメントがなくてもいいということがわかったのもこのブランドのおかげでした。

 

ただ、ココナッツ&マルラに限っては、髪を洗っている最中はもちろん、お風呂から上がって髪を乾かしたあともしばらくココナッツの香りが残ります。

 

この点に関しては、洗い流したら無臭になるレモングラスやパンプキンとの大きな違いです。

 

ココナッツの甘い香りがあまり好きではない人にとっては唯一のマイナス点になりますが、次の日には首を大きく振って髪を動かすか、意識して髪を嗅がないとわからないくらい薄まるので、

 

よっぽどココナッツの香りが苦手でなければ、成分と仕上がりの良さを優先してもいいのかなと思います。

 

 

で、今回のココナッツ&マルラと今まで使ってきた他の2種類 (レモングラス、パンプキン) を髪の仕上がりだけで比較すると、

 

ココナッツ&マルラシャンプーは、レモングラスのすっきり爽快サラッサラ!✧な感じと、パンプキンのうるっとつるんとした潤い感のいいとこ取りをしたような髪の仕上がりなので、

 

どんな髪にしたいのか目的が決まっていない方は、まずはココナッツ&マルラから選んでみるのもいいですね。

 

と言っておいてなんですが、じゃあどれが一番良かったのかときかれると、私は今のところレモングラスが一番かな。

 

すっきり爽快サラッサラ!✧な仕上がりはもちろん、香りもレモングラスが自分に合っていると感じたからです。

 

 

私、もともとはレモングラスの香りはあまり好きではなく、はじめは成分や仕上がりの良さをとって香りは二の次にしているような感じだったのですが、

 

ACUREで使われているレモングラス精油だと、使っているうちにだんだん好きになってきて、これじゃないとだめってなるくらい心地よく感じるようになるのですよね。

 

同じブランドから販売されているレモングラス精油入りのアルガンオイルのときも全く同じだったもんな。

 

ちなみに、レモングラスシャンプーはレモングラスの香りで、ココナッツシャンプーはココナッツの香りなのですが、パンプキンシャンプーだけはマニキュアのシンナーをマイルドにして薄くしたような香りだと感じられました。

 

あくまで私にとってはという話で、この香りの正体は天然香料のベンズアルデヒドやシナモンオイルからくるものだと思われます。

 

杏仁豆腐という表現もできるようですし、洗い流したあとに香りは残らないので、そんなに気にしなくてもいいところではあります。

 

そんなこんなで、結局香りで選んだようになってしまいましたが、ココナッツ&マルラシャンプーも髪の仕上がりにとても満足できるシャンプーだったので、ココナッツの香りが大丈夫な方はぜひ使ってみてくださいね。

 

詳細はこちらです♪

▶︎Acure シンプルなスムージングシャンプー ココナッツ&マルラ (354ml)