素材の相性がとっても良い♪Sunfoodのローカカオパウダーで作る黒ごまローココア。

 

私の一番好きなスーパーフードはローカカオで、ローチョコレート作りがきっかけでそのすばらしき食材の存在を知り、ブランドは違えど必ず家にローカカオパウダーがあります。

 

ローカカオのローは、英語で書くとRaw。

 

つまり、生 (なま) や非加熱という意味で、カカオ豆を収穫したところからカカオパウダーにするまでのすべての工程が低温で行なわれているため、生きた栄養や酵素が損なわれることなく残っているのですよ。

 

今使っているローカカオパウダーは、スーパーフードのパイオニアSunfood (サンフード) の商品です。

 

▶︎Sunfood Organic Cacao Powder (227g)

 

たっぷり入っているのに安い、それでいてこのお値段とはいい意味で不釣り合いの品質と味の良さに、今のところローカカオパウダーの個人的ランキングをつけると2位になります。

 

サンフードのローカカオパウダーは、パッケージにRawと書いてあったり書いていなかったりで本当にRawなのか?とレビューで言われていますが、

 

裏にきちんと低温で加工処理している旨が書かれていますし、ローカカオパウダーを長く愛用している私から言わせてもらえば、「この色と味でローカカオパウダーじゃなかったら一体何なんだよ〜!(笑)」って思いました。

 

 

さて、そんなローカカオパウダーは、数年前まではローチョコレートを作るために使っていましたが、今はローチョコレートのためではなくローココアを作るために使っています。

 

 

ミルキーでまろやかで、しかも生きた栄養がたっぷりで、もう普通のココアには戻れなくなっちゃいました。

 

そして最近は、もうひとつローカカオパウダーを使った美味しい飲みものを発見しました。

 

それは、黒ごまローココアです。

 

 

作り方は、小さじ1杯のローカカオパウダーと小さじ1杯の黒ねりごま、小さじ2杯の黒砂糖をコップに入れ、そこにまずは少しだけ豆乳を注いでペーストになるまでねりねり混ぜ合わせ、そのあともまた少しずつ豆乳を足しながら徐々に溶いていきます。

 

 

こうして溶いていくと、使う豆乳の量は全部でだいたい100mlくらいになります。

 

普通のローココアのときは豆乳を47度を超えないところまで温めていますが、黒ごまローココアでは冷蔵庫から出したばかりの冷たい豆乳を使っています。

 

一気に豆乳を注げないところがちょっと面倒かもしれませんが、少しずつやったほうがダマにならずきれいに混ざってなめらかな口あたりになるので、ここが一番大事なポイントだと思って丁寧にねりねり、そして混ぜ混ぜしてあげてくださいね♪

 

豆乳と黒ねりごまと黒砂糖の3つの材料だけでも美味しいけど、ローカカオパウダーが材料に加わるだけで味の雰囲気が全然違う飲みものになって格段に美味しくなります。

 

カカオ70%チョコレートのようなリッチでコクと深みがある大人な味は、せっせと作って飲みたくなるほど贅沢で濃厚な味わい♡

 

体にいいことをしているのが染み渡るように伝わってくるところもやみつきになっちゃう理由なんだろうな。

 

普通のココアでは決して味わえない本物のカカオ感、そしてカカオ豆の持つ栄養や酵素が生きていて、黒ごまの栄養もプラスといういいことずくめの黒ごまローココアをぜひ作ってみてくださいね。

 

詳細はこちらです♪

▶︎Sunfood Organic Cacao Powder (227g)