ナイアード以外のガスールを初お試し♪毎日の洗顔にネイチャーガスールプレミアム。

 

ドンキホーテの化粧品売り場で目に留まり、迷うことなく手にしていたネイチャーガスールプレミアムというガスールのクレイパウダー。

 

 

ガスールといえば、naiad (ナイアード) のガスールがとても有名ですね。

 

私もクレイといえばナイアードのガスールしか知らなかったころによくお世話になっていました。

 

ここ何年かは別の種類のクレイパウダーを愛用していたから、「おー!ガスール久しぶり〜♪」みたいなノリでメーカーは違うのになんだか懐かしい気分です。

 

さて、私がクレイパウダーを使う目的は単なるクレイパックではなく、石鹸や洗顔フォームなどを使った泡での洗顔に置き換えるためです。

 

太ももの内側の乾燥を見て、もうこの季節がやってきたか〜と、秋冬の訪れを感じる近頃。

 

石鹸で体を洗うことにやや抵抗が出てきて、皮脂の分泌が盛んな箇所以外はあちこち洗うのを避け始める時期でもありますが、それは顔にもいえることです。

 

泡でゆっくり丁寧に皮脂や毛穴に詰まった汚れを取り除いてあげないといけないのはわかるけど、じっくりやっていたらお風呂あがりは肌がつっぱってしまい、できることなら湯シャンならぬ湯洗顔にしようかと思うほどです。

 

だけど、これじゃ落としきれなかった余分な皮脂汚れが悪さをしちゃうから、1日1回は何かしらのアイテムを使って洗顔をしたいところ。

 

そんな悩める季節に頼りになるのがクレイパックを使った洗顔なのです!✧

 

 

毛穴に詰まった汚れは泡での洗顔以上にすっきりきれいに取り除いてくれるのに、肌に必要な潤い成分は奪わずに残してくれる♡

 

こんな望み通りの仕上がりを叶えてくれる洗顔アイテムは、クレイパック以外にないなって思います。

 

使い方は、パッケージの表にわかりやすく書いてあるので、クレイパウダーを使ったことがない人でも簡単に使えます。

 

 

使うタイミングについては、お風呂の時間にパックをするという点は同じなのですが、湯船に浸かりながらの日とシャワーだけの日と、私には条件下がふたつあります。

 

湯船に浸かって毛穴をきちんと開かせた状態でクレイパックをやったほうがいいのは経験上わかっていますが、

 

私は毎日欠かさず湯船に浸かっているわけではなく、シャワーだけの日が圧倒的に多いので、まず髪を洗う→パックをする→そのあいだに体を洗う→パックを流すという流れで使うことがほとんどです。

 

だからといって、シャワーだけの日はパック効果がないわけではなく、ある程度十分に時間をとってあげれば満足のいく肌の仕上がりになりますのでご安心を。

 

泡での洗顔だと、「丁寧に、だけど素早く!」と、肌にもともとある潤い成分を奪いすぎないようにせかせかしてしまいますが、

 

クレイパックだとむしろ少しでも長く顔の上にのせておきたいから、シャワーだけの日にクレイパックをするときは、待っているあいだにお風呂掃除を念入りにしています。

 

湯船に浸かりながらクレイパックをする日は、余裕で20分〜30分塗布していますね。

 

そもそもクレイパックってそんなに毎日やっても大丈夫なのか?と思われるかもしれませんが、泡での洗顔に置き換えての使用なので、私は毎日連続で使っても大丈夫でした。

 

 

というか、泡では取り除けなかった毛穴の汚れを毎日きれいに、そしてとっても上手に吸着して取り除いてくれるので、続ければ続けるほど肌の状態が良くなっていくのです♪

 

もちろんお気に入りの石鹸を使いたい日もあるけど、経済的に無理がない限りはこれからもクレイパックを洗顔として積極的に使いたいなと思っています。

 

 

お化粧をした日はクレイパックだけでは物足りないかもしれませんが、すっぴんで過ごした日は、ぜひクレイパックを洗顔として使ってみてくださいね。

 

肌にとって一番ちょうどいい洗浄方法というのを体感できるはずです。

 

詳細はこちらです♪

▶︎ネイチャーガスールプレミアム (300g)