Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ひとくちローチョコレートブラウニーみたいなソフトな食感。もっちりしていてカカオが濃厚なGo Rawのローチョコレート。

 

最近、数年ぶりにローチョコレート熱が再燃して、先月のiHerbのお買い物ではついに手作りローチョコレートで使う材料を買い揃えました。

 

そのときに既製品もいくつか一緒に買って、その中のひとつが今回紹介するGo Rawのローチョコレートです。

 

▶︎Go Raw Organic Super Raw Chocolate 6個 (各8.5g)

 

iHerbとはいえ、販売されているローチョコレートの数やブランドの数はそんなに多くないのですが、その中でもGo Rawは一番古くからある印象ですね。

 

ローチョコレートの大先輩的な存在ともいえるGo Rawのローチョコレートの味はぜひとも知っておかなければ!✧と、ローチョコレート熱が再熱したことをきっかけに、今更ながら興味が湧いてしまいました。

 

さて、箱の表にJust 2 Ingredientsと書いてあるように、原材料はたったの2つです。

 

【原材料】

ローカカオ、アガベネクター

 

 

ローカカオとアガベネクターの2つが織りなす味はもちろん、まだ経験したことがなかったアガベネクターの甘さはどんな感じなんだろう?と、甘いものが大好きな私にとってはそちらも楽しみでした。

 

箱の中には、個包装されたローチョコレートが6個入っています。

 

 

袋を開けて現れたチョコレートは、表面はツヤツヤしてなくてマットな感じだし、ぐにゃっとよじれたものもあったりで、なんか一気に大きな1枚をブワァ〜っと作ってざっくり正方形にカットしましたみたいな手作り感満載でした。

 

 

1枚あたり100円もするわりには決して洗練された感じではないというかなんというか。写真で見ると高級感のあるチョコレートに見えるんですけどね。

 

でも、味はなかなか良かったですよ♪

 

私はアガベネクターが使われているものを食べるのが初めてなのですが、アガベってクセがなくて白砂糖みたいに甘みが強いんですね。

 

とはいえ、カカオがとっても濃いので、私的には余裕でダークチョコレートを食べている感覚でした。

 

 

それから、食感もひと味違います。

 

水あめ入りの生チョコレートやトリュフチョコレートみたいにもっちり弾力があって、例えるならば、ネチっとしっとりしたアメリカンソフトクッキーのチョコレート版みたいな感じかな。

 

その他には、ひとくちローチョコレートブラウニーと言ってもよさそう♪

 

冷静に1個あたり100円のチョコレートと考えると確かに高いけど、ローチョコレートが好きならいろんなブランドのローチョコレートの味を知っておくのも必要なことだと思っています。

 

それに、まだ知らない味に出会えることが楽しみのひとつだったりしますからね。

 

ご褒美の美容フードとして、家にいつでもあったら嬉しいなと思えたローチョコレートでした。

 

詳細はこちらです♪

▶︎Go Raw Organic Super Raw Chocolate 6個 (各8.5g)